Entry Navigation

太平洋の奇跡‐フォックスと呼ばれた男‐ 映画レビュー

情報操作・洗脳教育・利用された武士道


泣ける度★★★☆☆ オススメ度◎◎◎
太平洋の奇跡
監督 平山秀幸
原作 ドン・ジョーンズ[作家]
脚本 西岡琢也、グレゴリー・マルケット、チェリン・グラック
音楽 加古隆


【映画解説】 公式サイトはこちら⇒
太平洋戦争の激戦地サイパン島でFOXと呼ばれアメリカ軍から恐れられ
たった47人の兵力で4万5,000人ものアメリカ軍を翻弄(ほんろう)し続けた
実在の日本人、大場栄大尉の実話を映画化した戦争映画。


【映画レビュー】
中国の改革は日本の明治維新をお手本にしたが上手くいかななかった
その原因は彼らの中に日本人のような武士道精神が無かったから
と言われている。
日本人には主君のためなら、いつでも命を捧げ
死ぬことを厭わない武士道精神のDNAが
代々受け継がれているのかもしれない。

明治から大正、昭和へと軍国主義に走っていく中で
大日本帝国軍の士官たちは
そんな日本人の潜在意識の中の武士道のDNAを巧みに利用し
“一億総玉砕、生きて虜囚の辱めを受けず”という誤った教育で
前途ある若者を洗脳し、大量に殺してしまったのではないか?

本作を観た率直な感想は
まさにそんな大日本帝国の間違った教育
隠蔽された情報から生まれた悲惨さ、過酷さ、と
その中で起きた“奇跡”ともいうべき物語というものだった


敵を殺さなければ殺されてしまう
戦場という殺し合いの最前線では
どんな過酷な状況でも負けない体力
どんな時も冷静に判断できる知力
どんな悲惨な体験をしても狂わない精神力
そして、奇跡としか思えない強運がなければ生き残れない。
でもいちばん大切なのは“生きたい”という
生への執着心ではないだろうか?

戦後28年目にしてグアム島で発見された横井庄一さんも
その翌年にルバング島から帰国した小野田寛郎さんも
生き抜いてゲリラ戦を継続し友軍来援に備えていたという
小野田さんは上官の横山静雄中将から
「玉砕は一切まかりならぬ。3年でも5年でも頑張れ、必ず迎えに行く。
それまで兵隊が1人でも残っている間は、
ヤシの実を齧ってでもその兵隊を使って頑張ってくれ。
いいか、重ねて言うが、玉砕は絶対に許さん。わかったな」という命令を受け
その命令を忠実に遂行し29年もの間あらゆる手段を使って敵を翻弄し続け
1974年に、かつての上司である谷口義美元少佐からの
任務解除・帰国命令が下るまで戦い続けた。
フィリピン軍司令官に軍刀を渡し、降伏意思を示した小野田さんは
処刑される覚悟だったという
横井庄一さんの帰国第一声「恥ずかしながら、帰ってまいりました」からも解るように
当時は、上官の命令は絶対で
やはり生きて帰ってくることは、許されない教育を受けていたのだろう。

本作で負傷兵が総攻撃に参加して華々しく散りたいと言った時
「我々は死ぬために戦っているんじゃない」
「生きて敵を倒すために戦っているのだ!」と応える
大場大尉の台詞が印象的だったが
“生きて虜囚の辱めを受けず”という教育を受けてきた
当時の若者たちの潜在意識には、戦場で潔く死ぬことが
生きて一人でも多くの敵を倒すことよりも
優先されてしまっていることに
洗脳教育の怖さを感じた。

あの当時、部下たちの命を預かる士官に
大場大尉のような合理的なモノの考え方ができる士官が
果して何人いただろうか?
自分の上につく士官の考え方ひとつで
多くの兵隊の命が奪われたり、救われたりしたのが
何とも言えない理不尽さを感じてしまう。

大場さん自身は当時”玉砕死”のみを考えていたという
「玉砕で死ぬべきところを生き残ったことについて、
果たして正しかっただろうか?という思いが常にあった」と
命を懸けて護った祖国日本の、帰還後の風当たりは、
常軌を逸し、冷たいものだったらしい。
だが原作者のドン・ジョーンズ氏は
その部分は唯一フィクショナイズにこだわった
「大場の本音は、”生き残って最後まで戦っての死”で、”玉砕死”は建前、
本音が”玉砕死”なら、当の昔に死んで、記録されることなどなかった」
大場さんにとっては、戦友への配慮や、本人の謙遜があっての発言だろうと、
その理由を述べている。


実際にはこの映画の米兵のように
紳士的で冷静な兵隊ばかりではなく
投降した民間人や日本兵も
映画で描けないようなひどい扱いを受けた
という記録も残っていて
※サイパンの戦い、生還した田中徳祐の証言を参照
当時は投降することさえ決死の覚悟だったのだろう

人格を保つことさえ難しい戦場という場所で、知略の限りを尽くし
敵を翻弄しながら46人の部下の命を守り
512日間も戦い続けた、士官としての大場大尉の精神力は並大抵ではなく
その結果200人近くの民間人と兵隊の命が救われたことは
8000~10000人の犠牲者を出したサイパンでの戦いでは
まさに奇跡としか言いようがない。


最前線で死力を尽くして戦って
奇跡的に生きて帰ってきた人たちがいなければ
私を含む“戦争を知らない子供たち”は
この世に存在していないかもしれない。
そういう意味でも多くの犠牲者を出した南方の戦場で
200人近くの命を救った一人の士官の奇跡の物語は
一度は観ておかなければならない貴重な記録なのではないだろうか?


※P.S
私の父は昭和3年9月生まれで、終戦を16歳と11カ月で迎えたため
最前線へは行っておらず、静岡の武器工場で働かされていた。
育ち盛りということもあって、おなかが空いて空いてたまらなかったらしく
我慢できずに、近くの農家の作物を盗んで食べたと言っていた。
終戦になり「武器弾薬庫なので絶対に近づくな!」
と言われていた倉庫を開けたら、なんと、将校たちの食糧庫で
自分たちに饑じい思いをさせながら
将校たちは毎日美味いものを食べていたのか!という怒りが爆発し
みんなでで簀巻きにして、川に放り込んで
その軍服を引っぺがして着て帰ってきたら
駅まで迎えに来たお祖父ちゃんが、
将校の軍服を着たわが子に、思わず敬礼してしまった
というエピソードを酔った父からよく聞かされた。
父の母と姉はこの映画に出てくるサイパンから飛び立ったB‐29による
昭和20年3月10日の東京大空襲で焼夷弾に当り亡くなってしまった。

20代の最後に会社を変わる狭間を縫って
父とサイパンに旅行に行ったのだが
観光で立ち寄ったバンザイクリフでは
慰霊塔に向い静かに手を合わせる父の姿が、今も記憶に残っている。

そんな父も昨年他界し、
段々と戦争の悲惨さを語り継ぐ人たちがいなくなると
このような映画が代わりに戦争の真実を伝えていくことが
とても重要になってくるのではと、つくづく感じる。




ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
スポンサーサイト
category
最新映画レビュー

あしたのジョー 映画レビュー

時間の短さと時代とのギャップが少し辛い・・・!?


泣ける度☆☆☆ オススメ度◎◎
あしたのジョー


【映画解説】 公式サイトはこちら⇒
あの伝説のボクシング漫画「あしたのジョー」を『ピンポン』の曽利文彦監督が実写映画化
ジョーを山下智久、力石徹を伊勢谷友介が徹底的な肉体改造で熱演することも話題に!


【映画レビュー】
昭和30年代前半生まれの私は
正に『あしたのジョー』世代と言ってもいいくらい
連歳マンガもTVアニメも、いつも食い入るように見て育ったひとり
山ピーと伊勢谷、二人の主役の肉体改造が話題になっている実写版を
楽しみにして、早速、鑑賞してきた。

第一印象は制作者たちが原作をリスペクトしている感じが
ひしひしと伝わって来て
思っていたほど原作とのギャップを感じなかった。
特に驚いたのは香川照之の“丹下段平”だ
特殊メイクを施したとはいえ、仕草も声も
原作のイメージのまんまで
改めて香川さんの演技力に感服させられた。

二人の主役の肉体美も前評判通り素晴らしく
短期間によくここまでカラダを作り上げてものだと
こちらも感心させられた。

元々プロボクサーの身体は相手のパンチを防御するために
鍛え抜かれた筋肉の鎧で覆われているから
あれほど美しく見えるもの
主役の二人の正面から見た身体は
プロボクサーにも引けを取らないくらい美しく鍛え上げていた
ただ、パンチ力を司る背中の筋肉は
さすがにプロとは違っていたようだが・・・

惜しむらくは時間の短さ
原作を読んだときに感じる
それまでは何にも熱くなれなかったジョーが
力石との出会いによってボクシングに目覚め
題名どおり、段平のおっちゃんと
“あした”を掴むために懸命に努力していく姿
すでにボクサーとしてスーパースターの座に居る
力石に1歩1歩近づくために
ボクシングに打ち込むひたむきなジョー
やっと試合にこぎつけて死闘を演じた末、力石のアッパーに敗れるが
目標の相手と戦った充実感と悔いの無い満足感を味わうジョー
だが、その試合であろうことか力石が亡くなってしまい
絶望感と罪悪感に苛まれるジョー
その後、目標を失い、抜け殻のようになってしまうジョー
そんな矢吹丈の微妙な心理が、映画からはイマイチ伝わってこない
前篇・後編に分けてでも、時間をかけてその辺りの
やっと“あしたを掴む感”がもう少し描けていたら
もっと感動できたのではないか?

あと気になったのは、時代背景のズレだ
私が育った昭和30年~40年は
戦後10年が経ち、世の中が高度経済成長へと
ひた走っていた時代
儲かる企業はとんでもなく利益を上げていき
大学出の一流企業のエリートたちはどんどん暮らしが良くなっていく
その陰で、相変わらず集団就職で田舎から出てきた人たちは
工場や零細企業で低賃金でこき使われていて
プロボクサーの世界チャンピオンという快挙は
そんな貧乏暮らしから抜け出せる数少ない
競技のひとつだったからこそ
血だらけで撃ち合うボクサーたちに
頑張っている自分を投影しながら
観ている人たちを熱くさせられた。

本作のドヤ街の設定も
世の中にはそういう暮らしもあるんだなぁと
子ども心に、妙に納得して観ていたが
現在のように殆どの国民が豊かになって
日本の若者が工場勤めを嫌がるような平成時代に観ると
とても違和感を感じてしまうのは、私だけではないはず
やはりこの物語は昭和という
すべての日本人が目標に向かって頑張っていた時代に観てこそ
心を揺さぶられる物語だったのだと
改めて気付かさせらた。


TVアニメのジョー役の“あおい輝彦”の不良っぽいしゃべりや
力石役の“仲村秀生”の妙に大人っぽいしゃべりが完璧だっただけに
実写版の俳優とどうしても原作のキャラクターを比較してしまうが
マンモス西と白木幹之介は
原作のイメージとそう違和感はなかったものの
勝気な女のイメージが強い香里奈の“白木葉子”と
貧乏暮らしを感じない西田尚美の“食堂の女将”が
ちょっと違和感があり、キャストミスか?

あと倍賞美津子が演じたが一言も台詞がなかった“花村マリ”は
原作にも出てなかったと思うのだが、何者だったのでしょうか???





ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
category
最新邦画レビュー

RED/レッド 映画レビュー

現役を退いても超エリートはやっぱり別格?


泣ける度☆☆☆☆☆ オススメ度◎◎◎◎◎
RED
監督 ロベルト・シュヴェンケ
脚本 ジョン・ホーバー 、エリック・ホーバー
原作 ウォーレン・エリス[ライター] 、カリー・ハムナー
製作総指揮 グレゴリー・ノヴェック 、ジェイク・マイヤーズ
音楽 クリストフ・ベック


【映画解説】 公式サイトはこちら⇒
引退し年金生活を送っていた元CIAのエージェントが
ある襲撃事件をきっかけに、かつての仲間たちと伝説のチームを再結成し
巨大な陰謀に立ち向かう、スパイアクションムービー


【映画レビュー】
日本で東大を首席で卒業するような人たちが目指すのは
さしずめ大蔵省⇒大蔵官僚といったところだろうか?
では米国のハーバードを首席で卒業するような人たちが目指すのは?
CIAやペンタゴンか、今ならNASAといったところだろうか・・・
日本では戦争が身近に感じられない為か
エリートたちが挙って防衛省を目指すという話はあまり聞かないが
米国では国民の国防意識が高いのか
エリートたちが目指すのは、やはりペンタゴンやCIAのようだ。

そのエリートたちの中にも当然、能力に違いは出てくる
常人にはとても達成できない特殊任務を担い
そんなエリート中のエリートたちが体を張って
アメリカという国を守っているのだろうか?

本作は、そんなかっての超エリートスパイたちが
RED(Retired Extremely Dangerous)のタイトル通り
超ド級のアクションで巨大な陰謀に立ち向かう。
引退はしてもエリート中の超エリートスパイだから、
現役のCIA相手に1歩も引けを取らない戦いぶり
むしろ現役たちは太刀打ちできない(笑)

豪華俳優陣の実年齢も
フランク役のブルース・ウイリスが1955年生まれの55歳
マーヴィン宅のジョン・マルコ・ヴィッチが1953年生まれの57歳
ヴィクトリア役のヘレン・ミレンが1945年生まれの65歳
ジョー役のモーガン・フリーマンが1937年生まれの73歳
ブルースとジョンはまだ年金を貰っていないだろうが
ヘレンとモーガンは実年齢でも立派な年金受給者なのだ!

全世界的に高年齢化が進んでいるからか
高年齢者をターゲットにしたような
第一線を退いた年金受給者が元気に大活躍するアイデアは
なかなかの反響のようで
高齢者レビュアーからの
「観ていてやる気を貰いました」とか
「私もまだまだ負けていられない」といったレビューが多く
制作者のねらいはバッチリ当ったようだ。

これだけの名優たちが勢ぞろいする機会も貴重だが
それぞれが独自の個性を発揮して
癖のあるスパイ役を演じきっているのも
この映画の観どころの一つ
特にヴィクトリアがマシンガンを撃ちまくる姿は
65歳とは思えない迫力とヘレンならではのお色気があって
ヘレンファンならずとも必見です。

アクションこそなかったものの
資料保管室の番人役のアーネスト・ホーグナインは
1917年の1月生まれだから、なんと94歳!!!
『ポセイドン・アドベンチャー』のときの
鍛え抜かれた身体とアクションを思い出し
やっぱり若い時に鍛えていた人は長生きするのかなぁ?
と、感心させられました(笑)


リチャード・ドレイファス演じる
“アレクサンダー”の小ずるく、ひ弱な悪党ぶりや
ブライアン・コックス演じる、ヴィクトリアの元恋人
“アイヴァン”のダンディなロシア人も
非の打ちどころがないほど完ぺきな配役。

特にフランクの年金担当で事件に巻き込まれる
“サラ”メアリー・ルイーズ・パーカーは
スパイとは程遠い退屈な職業とビミョ―な年齢設定が
引退した元スパイのオヤジが恋をする相手としては
あるよねぇ…と思わせる、ごく普通の美人で
殺伐としそうな本作に花を添えてます。


※P.S
広告代理店時代に、提携しているアメリカの代理店から
現地の担当CDがやって来て、一緒に仕事をしたのだが
私たちに打ち解けようと、やたらとジョークで笑わせたり
わざとゲップをしたりして、大声で笑うキャラクターの持ち主だったが
あるとき、目だけは笑っていないことに気づいた
あとで解ったのだが、彼は元CIAで
その後広告会社に入り、CDになったらしいのだが
CIAを辞めてから10年間は国外に出てはいけない契約らしい
CIAを退職して10年たったので、やっと国外渡航の許可が下りて
その最初の国が日本だったと嬉しそうに話していた。
機密保持契約というやつらしいが
実際にそんな話を聞くとやっぱり日本とは違うのね、と
あらためてアメリカの恐ろしさを感じました・・・





ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

category
最新映画レビュー

GANTZ 映画レビュー

きびしい批判には惑わされずに鑑賞するべき!



泣ける度☆☆☆☆ オススメ度◎◎◎◎
GANTZ
監督 佐藤信介/脚本 渡辺雄介/原作 奥浩哉/音楽 川井憲次


【映画解説】 公式サイトはこちら⇒
奥浩哉の超人気コミック“GANTZ”を、二宮和也松山ケンイチ
W主演で映像化したSFアクションムービー
死んだはずの人間が、謎の球体“GANTZ”に召喚され、異形の“星人”と呼ばれる
敵との戦いを強いられる、生と死の葛藤を描く。


【映画レビュー】
あちこちのレビューサイトで、厳しい批評があいつぐ中
原作を知らないで観て「最近の邦画の中ではよくできているなぁ…」と
けっこう満足してしまった私はダメなのかしらん?
と思い、高校生の息子に聞いたら
「原作のコミックがCGを駆使していて、とにかく表現力が凄いので
それを実写にするには、やはり難しいんじゃない?」
という話だったので
近いうちに原作コミックをぜひ読んでみようと思ってます。


原作を知らない私の、純粋な映画の評価ですが
やっぱり、企画構成がおもしろいと
映画はおもしろいんだなぁ・・・というのが
第一印象でした。


宇宙人を扱ったコミックは過去にもあったけど
こんな設定で宇宙人が出てくる話は
昭和世代の私には、斬新で驚かされます。

みなさんの批判を見ると
原作のコミックのイメージに拘っている人が多いようですが
原作を知らない私には、二宮くんも松山くんも
なかなか役に合っていたように思います。

出てくる宇宙人も、なかなかユニークで
変にカッコつけていないマヌケなキャラのところが
今の作家が作っているコミックだなぁ、と
妙に感心させられてしまいました(笑)

本作も『ハリー・ポッター』のように次に続くみたいですが
2時間ちょっとのストーリーがよくまとまっていて
次を観たくさせるような終わり方も、上手いなと感じました。

特に就職活動まっただ中でなのに、まだ採用が決まっていなくて
面接官に「君はこの会社でなにがしたいの?」と訊かれ
応えに詰まってしまう主人公の一人“くろの”が
GANTZの世界でもう一人の主人公“かとう”を救うという自分の使命に目覚め
段々と生き生きしてくる様は
現代の≪やりたいことが見つからない≫若者を覚醒させるような
心理をくすぐっているところに人気の理由があると思いました。

『SBヤマト』も本作と同じ40億円をCGに掛けたそうですが
同じ40億円でも、こちら方が上手く使っているように思います。

GANTZルームに召喚されても
すぐに状況を理解できないおじさんたちと
素早く状況を飲み込み、戦うしかないと行動に出る若者たちに
ITになかなか馴染めない世代と
それを欲しいままに享受している世代とのギャップを
見たような気がしたのは、私だけでしょうか?


とにかく、自分の知らないまったく新しい世界を見せてもらったようで
邦画にもネオシネマの波が来たような気がします。
ただ、おもしろい映画の原作がいつもコミックというのが
映画ファンの私としては、ちょっと残念で
もう少し日本映画の企画者たちに頑張ってもらい
オリジナルの原作・企画で、このくらい斬新な映画を作って欲しいものですが
GANTZルームにいきなり素っ裸で登場する夏菜(岸本恵)の
スタイルの良さに免じて、ヨシとしますか・・・(笑)

※P.S
なぜか他の映画とは違い、トレーラーがYou TUBEに存在しません。
取りあえず今あるもので、いちばん内容が解るモノをUPしておきます。




ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

category
最新邦画レビュー

グリーン・ホーネット 映画レビュー

アメリカン・ヒーローは、みんなお金持ち?


泣ける度☆☆☆☆☆ オススメ度◎◎◎◎◎
グリーン・ホーネット
監督 ミシェル・ゴンドリー
脚本 エヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン
原作 ジョージ・W・トレンドル
製作総指揮 セス・ローゲン、エヴァン・ゴールドバーグ
オリ・マーマー、マイケル・グリロ、ジョージ・W・トレンドル・Jr
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード


【映画解説】 公式サイトはこちら⇒
1966年~1967年に米国で放送されたTVドラマ「グリーン・ホーネット」を
ミシェル・ゴンドリー監督がリメイクしたアクションムービー
ブルース・リーが演じた相棒カトー役を台湾出身のジェイ・チョウが演じる


【映画レビュー】
いやーっおもしろかったです!
スキッとしたい方にはオススメです。

もともとはアメリカで1966年から1967年にかけて放映されたTV番組だが
日本でも1967年より、NTV系で放映されている。
TVでは助手のKATOをスターになる前のブルース・リーが演じていて
この番組で人気が出て一気にスターダムに伸し上がった。
後にブルース・リー中心に再編集した『ブルース・リーのグリーン・ホーネット』
『ブルース・リー電光石火』の2作が劇場公開されたらしい。

今回はそのリメイク版になるのだが
ブルース・リーとまではいかないにしろ
KATO役のジェイ・チョウのカンフーも
キレがあってなかなか良かった。

本作のもう一つの楽しみは
ブリット・リイドの財産にモノを言わせて、カトーが作った
ハイテク装置満載の愛車を始めとする、数々のカスタム兵器だ。
“バット・マン”ではバットモービルやバットプレーン
“アイアンマン”ではアイアンマンスーツなど
夢のハイテク機器のカッコよさも
この手のヒーロー映画ファンには欠かせない大切な要素だが
改めて見てみると、どのヒーローも
そんな、とてつもない兵器を平気で作れるほど
とんでもなくお金持ちなのが、どうも納得がいかない。

逆に言うと、お金持ちじゃなければヒーローにはなれないの?
という疑問が湧いてきて
子供たちにとっては現実感の無い
ものすごく遠い存在になってしまっているのでは?

そういう意味では、ごく普通の高校生がヒーローになる
『キック・アス』のほうがとっても身近に感じられる分だけ
現実感があり、人気が出たのもうなずける。

まあ、“007”に出てくるボンドカーにしたって
いつも、とんでもない高級車に
とんでもない装置がカスタマイズされていて
男の子だったら、一度でいいから乗ってみたくなる
そんな、夢を抱かせるのも
この手の映画がヒットする大切なアイテムなのだから
細かいことは気にせずに
思いっきりド派手なアクションとハイテク機器を
楽しんじゃえばいいのだが・・・

ラスト近くの新聞社の普通のオフィス内を
メチャメチャにしながらの銃撃戦は
『ダイ・ハード』ばりの派手さで気持ち良かったが
川崎109で、3D上映しかなかったので(なんで???)
仕方なく+400円を支払って3Dで観た割には
最初の格闘シーンくらいしか3D効果が感じられず
「ざけんな!金返せ!」という心境になったのが
ちょっと残念だったです。

でもキャメロンのお色気は、抑え気味だったので
子供と一緒に観ても大丈夫なのが、唯一の救いでした(笑)





ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
category
最新映画レビュー