Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

オブリビオン 映画レビュー

謎に満ちたストーリー展開と緻密な映像マジックに酔う


泣ける度☆☆☆☆☆ オススメ度◎◎◎◎◎
オブリビオン
監督/原作 ジョセフ・コシンスキー
脚本 カール・ガイダシェク、マイケル・デブライン
製作総指揮 デイヴ・モリソン、ジェシー・バーガー、ジャスティン・スプリンガー

【映画解説】オブリビオン☜公式サイトはこちら
2077年エイリアンからの攻撃を受け壊滅した地球を舞台に繰り広げられる
壮大なSFサスペンス超大作ムービー


【映画レビュー】
観終わって最初に出た言葉は「う〜む、完璧だ!」でした。

『トロン:レガシー』のジョセフ・コシンスキー監督が作る
人工的に作られた世界ではないSF超大作
という前情報に、かなり期待して観に行ったけど
これがなんと大正解でした!

『トロン:レガシー』でもあれだけの世界観を作り上げた
想像力はただ者ではない感を漂わせていましたが
今作でもそのクリエイティビティを存分に発揮させ爆発させた(w)
と言ってもいいくらい完璧な映像美です。

物語の想定は2077年エイリアンの攻撃を受けて壊滅した地球が
舞台となって展開していきますが
冒頭から何やら謎めいた進み方に、ホラー映画を思わせるドキドキ感や
サスペンス映画のワクワク感で観客を独自の世界に引き込んでいく
新しいタイプのSF映画になっています。

人によっては冒頭から中盤までの展開は
退屈さを感じるかもしれませんが
後半からの立て続けに起こる思いもよらぬ展開に
冒頭の部分が効いているんだなと
後から気づかされる憎い演出
私はマイケル・チミノ監督の『ディア・ハンター』で感じた
あの前半と後半とのギャップによる演出効果を本作にも感じました。

作中に登場するスカイタワーやバブルシップなど
『ブレードランナー』のシド・ミードのデザインに
勝るとも劣らない完璧なデザインで
そのすべてが監督自ら考案したり構想を練っていたものらしく、
コシンスキー監督の想像力には改めて感心させられます。

主演の“トム・クルーズ”も
50歳という年齢を感じさせない鍛え上げられた
肉体美と自らこなしているスタントアクション
次第に明らかになってゆく謎と共に変わっていく表情の演技など
さすが30年以上のキャリアを持つ正統派俳優の魅力を
存分に見せつけています。

映像面でも新しい挑戦が随所に見られます
まず劇場用長編映画では初となるソニーの4K出力対応カメラ
CineAlta F65を使用し、圧倒的な景観はもちろん
人物の肌の色や他の色彩表現にも、かなりの拘りを持って撮影されています。

中でも地上1000mに浮かぶスカイタワーから見える空は
あえてブルースクリーンを使わず
スカイタワーそのものをほぼ全面ガラス張りにし
そこから見える空はハワイのマウイ島のハレアカラ火山の
登頂3000mから実際に変化してゆく空を撮影したものを
14m×174mのスクリーンに20台のHDプロジェクターと
34のビデオフィードで映し出されたものらしく
とても気持ちのいい映像にのっけから圧倒されます。

ロケ地もアイスランドを選び
その空気感や荒涼感が
エイリアンによって壊滅的な被害を受けた地球という設定に
より一層のリアリティを加えています。

他にもオデッセイ号墜落現場のシーンでは
フライング・カムが駆使されており
空を飛び回るドローンの目線からのスピード感は
特筆ものです。

とにかく、役者、ストーリー展開、演出、美術、映像美など
どれをとっても完璧で、
我々の想像を遥かに超えたSFサスペンス超大作にし上げられています。

音楽は特に話題になっていませんが、エンドロールに流れる美しいピアノ曲も
『ブレードランナー』の“Memories Of Green”を
彷彿とさせる出来だと私的には思うんですが・・・

というわけで私としては『クラウドアトラス』に続き
ぜひとも観ていただきたいSF映画です!




ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ


スポンサーサイト
category
最新映画レビュー

アイアンマン3 映画レビュー

すばらしい発明も使い方次第で最悪の発明に・・・


泣ける度★★★☆☆ オススメ度◎◎◎◎◎
アイアンマン3
監督 シェーン・ブラック
脚本 ドリュー・ピアース、シェーン・ブラック
製作総指揮 ジョン・ファヴロー、ルイス・デスポジート
チャールズ・ニューワース、ヴィクトリア・アロンソ
スティーヴン・ブルサード、アラン・ファイン
スタン・リー、ダン・ミンツ
音楽 ブライアン・タイラー

【映画解説】アイアンマン3 ☜公式サイトはこちら
マーベル・スタジオ人気アクション・シリーズの第3弾
天才発明家トニー・スターク=アイアンマンの《最後の戦い》を描いたアクション超大作。


【映画レビュー】
最初に観た時、よく出来たストーリーに感心し、即
“アイアンマン”ファンになった私は1、2、3と欠かさず観てきましたが
やはり今回も1を超えることは出来ませんでしたね・・・
というのが素直な感想です。

それは多分、豪快なアクションもこの映画の魅力のひとつですが
やはりストーリーの出来ではないかと思います。

『アイアンマン1』ではトニー・スタークという天才科学者が
世界一性能の良い武器を作っている会社の経営者で
自分の会社が供給する武器で戦うアメリカという強い国を
裏から支えている陰のヒーローだと思っていたのに
運悪く中東で敵に捕まった時に
その敵が使っている武器も、自分が開発したものだったことに
ショックを受け、武器開発をキッパリと止めて
世界平和のために貢献できるモノ造りに
自分の才能を役立てようという決意のもと
誕生したのが“アイアンマン”だったという
非常によく出来たストーリーに、誰もが感心したのでは?
ないかと思います。

続く『アイアンマン2』ではロシアの天才科学者が
自分の才能の方がトニー・スタークよりも優秀だ
ということを認めさせるために
自らもっと強い“アイアンマン”になって
戦いを挑んでくるというものでしたが
その根底にはその昔スターク社に勤務していた時に
自ら発明した技術を盗まれた「裏切られた」という恨みのエネルギーが
ねじ曲がった形で現れたことになっています。

今回の『アイアンマン3』でも、やはり天才科学者が
トニー・スタークに自分の才能を売り込みにくるが
トニから言われた約束をスッポカされ
2時間以上も寒い屋上で待つうちに、
その優れた発明を悪の道に使用するようになる、という
やはり、恨みからくる負のエネルギーが
ねじ曲がった形で膨れあがり、アイアンマンの前に
立ちはだかるというストーリーになってます。
(キリアンは恨んではいないと言ってたけど・・・)
アイアンマンといえども、やはり人の心を踏みにじると
とんでもないしっぺ返しがくる、ということを
2と3では感じましたが・・・
このトニーという天才科学者は
お坊ちゃん育ちのせいか、人の心に鈍感なところがある
ちょっとダメ人間的な部分を持ったヒーローで
その辺りの人間臭さもアイアンマンファンにとっては
魅力のひとつなんでしょうが・・・


特に今回、残念に思ったのは
人の脳とDNAの操作で、組織を再生できる
不死身の肉体を武器に、アイアンマンに挑戦してくるのですが
見方を変えれば、世の中の身体障害者は
この発明で、すべて健全な肉体を手に入れることができ
健常者として生活が可能になる
まさにノーベル賞が貰える発明ではないか?
ということを考えたのは私だけでしょうか???

映画の中に左手のない女性がこの実験で
手が再生してくるシーンがあったのですが
私はそのシーンが凄く眼に焼き付いて
こりゃあ凄い発明だなぁ・・・と
遠隔操作で飛んでくるアイアンマンスーツよりも
妙に感心してしまったのです。(笑)


人間は心の弱い生き物なのか
こんな凄い発明も平和的利用に役立てようとせず
お金儲けや復讐のように使ってしまうのが
何とも悲しいことですが
あのとき、トニーが約束した待ち合わせの屋上にちゃんと行っていたら
もしかしたらそのすばらしい発明や技術が
良い方向に使われていたかも知れないと思うと
やはり人を裏切ったり、人の心を踏みにじったりしてはいけないという思いと
(トニー、もう少し人の気持ちを考えて行動しろ!怒)
やはり人の恨みは恐ろしいなと
人に恨まれるような事はしてはいけないなと
改めて考えさせられた映画だったと思います。(笑)

それにしても、アイアンマンスーツって誰が装着しても
あんなに、強くなれるんならば、
もうアメリカはすべての武器をアイアンマンスーツ1本にして
他の兵器製造は止めるべきですね・・・




ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ


category
最新映画レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。