スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

英国王のスピーチ 映画レビュー

人前でしゃべらなければならない人の苦悩


泣ける度★★★★☆ オススメ度◎◎◎◎◎
英国王のスピーチ
監督 トム・フーパー
脚本 デヴィッド・サイドラー
製作総指揮 ジェフリー・ラッシュ、ティム・スミス、ポール・ブレット
マーク・フォリーニョ 、ハーヴェイ・ワインスタイン 、ボブ・ワインスタイン
音楽 アレクサンドル・デスプラ


【映画解説】 公式サイトはこちら⇒
幼いころから吃音というコンプレックスに悩む英国王ジョージ6世が
妻の愛情や型破りのセラピストなどの周囲の力を借りながら克服し
国民に愛される強く優しい王になるまでを描く実話に基づく感動ストーリー。


【映画レビュー】
人前でしゃべるのは、それ相応の訓練を積まないと難しく
誰にでもできることじゃない
人前でしゃべるのが苦手な人は
あえて人前に出るのを避ければいいと言えばいいのだが
立場上どうしても人前でしゃべらない訳にはいかない人も
世の中にはたくさんいる。

例えば、どこの会社でも会議なので必ず必要になる
プレゼンテーション
たかだか10数人の会議でさえ
説得力を持って流暢にしゃべるのは
それなりの練習や経験を積まないと難しい。
ましてや英国の全国民が聞いているラジオ放送で
しかも吃音症というハンデを背負っている国王が
説得力のあるスピーチをするとなると
もうこれは限りなく不可能に近い作業だ!
だがそんな難事業を
ジョージ6世とひとりのオーストラリア人治療士が
成し遂げる物語がこの『英国王のスピーチ』だ。

本年度のアカデミー賞で
作品賞、主演男優賞、脚本賞、監督賞の
4つのオスカーを獲得した評価は
映画を観れば誰もが納得いくはず。


ひと口に吃音症といってもその原因は様々で
治すには何故そうなったか?を知るために
患者の生い立ちとか、幼少期のできごとなどを
探っていかなければならないようだ。
本作で、幼いころのことを聞く言語療法士のライオネルに
あまり語りたがらなかったジョージ6世がついに心を開き
少年期に父親から愛されなかった寂しさ
利き手や脚の矯正などを受けた抑圧
それ故、父の知らないところで乳母からいじめを受けて
自分だけ食事を与えられなかったことを父に言えなかったこと
など彼の心の奥のある種の怒りをライオネルに語るシーンは
思わず目頭が熱くなる。

小学校のころ、私のクラスにも
首が傾いてまっすぐにしていられない子がいたが
その原因も父親が厳しく怒り過ぎて
怖くて父の方を見ることができず
曲がってしまったらしい。
幼い時のガラスのような心には
大人たちが気にも留めないそうした心ない行為が原因で
深く傷つき、身体の変化として現れてしまうことも
少なからずあるようだ。

私たちの知る有名人の中にも未だに
チック症や顔面神経痛のような症状を抱えた人がいるが
もしかしたらその人たちの症状も
幼い時のそういった出来事に起因しているのかもしれない。


兄の退位で仕方なく即位したジョージ6世だが
第一次大戦が終結したとはいえ
世界的不況は続き、ヒトラーがドイツの政権を掌握して
ファシズムの嵐が吹き始め
即位した年にスペインの内戦が勃発し
第二次世界大戦に突入していきそうな
英国民にとってはいちばん不安な時代。
そんな国民たちを勇気づけ、奮い立たせるのは
他ならぬ英国王のスピーチなのだ!
だからこそ苦手な人前でのスピーチも
勇気を振り絞り、自分を奮い立たせて
しゃべらなければならず
英国王というプライドを捨て
吃音症を克服できるように
ひとりのオーストラリア人に頼ることを決断する。


映画全体に漂う英国王室の歴史やプライドを感じさせる
独特の雰囲気や数々のユーモア
如何にもイギリス舞台演劇出身の上手さを魅せる
“コリン・ファース”(ジョージ6世)の英国人ぶり
彼を支える妻のエリザベスを演じる
“ヘレナ・ボナム=カーター”の母親的献身さも
癖のあるオーストラリア人言語療法士ライオネルを見事に演じた
“ジェフリー・ラッシュ”も観ていてすべて安心し納得できる。
さぞかし年季の入った大監督の作品かと思いきや
若干38歳のトム・フーバーという若手監督の演出と聞いて
改めて驚かされた。

劇中、治療士の資格を持っていないライオネルを
お払い箱にし、自分の知っている医者を
ジョージ6世に勧める大司教コスモ・ラングが
ライオネルに向って言う台詞
「ここはウエスト・ミンスターですよ!」という一言が
いかにも英国の階級社会を象徴しているが

この映画がアカデミー作品賞を始め
4つのオスカーを獲得したのは
題名どおり英国王の事実を基にした物語だが
特別な立場の人間の世界を描いているのではなく
身分を超えたひとりの患者とそれを治療してくれた
人と人の心の交流を描いた
友情物語になっているからだろう。

同じ島国なのに似ているようでまったく違う
日本とイギリスの違いを
ちょっと垣間見られるという意味でも
日本人のみなさんには
ぜひ観ていただきたい秀作映画だ!





ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
関連記事
スポンサーサイト
category
最新映画レビュー
genre
映画
theme
映画情報
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。