コクリコ坂から 映画レビュー

宮崎吾朗が描くジブリの新たな世界


泣ける度★★★☆☆ オススメ度◎◎◎◎◎
コクリコ坂から
監督 宮崎吾朗
脚本 宮崎駿 、丹羽圭子
原作 高橋千鶴 、佐山哲郎
音楽 武部聡志


【映画解説】公式サイトはこちら☞
宮崎吾朗が約5年ぶりに演出を手掛けた、16歳の少女と17歳の少年の愛と友情を軸に
真っすぐに生きる高校生たちの青春をさわやかに描いているスタジオジブリ作品。


【映画レビュー】
よかった!
心にジーンときて、優しい涙がホホを伝った・・・


前作のジブリアニメ『借りぐらしのアリエッティ』では
米林宏昌監督が何を伝えたかったのかイマイチ解らなかったが
今回の『コクリコ坂から』を観て
スタジオジブリが何処へ向かおうとしているのかが
ぼんやりとではあるが、解った気がする。


宮崎駿監督が描いてきたジブリの世界は
現実とは少し離れたお伽噺的な
なんとも不思議な世界だったが
息子の宮崎五朗監督が、なのか
今のジブリが目指している世界は少し変わってきた気がする。

現実の中のともすれば見過ごしてしまいそうな
とても繊細な人と人の(アリエッティは小人でしたが)
心のふれあいや機微にスポットを当て
実写でも作れそうな世界をあえてアニメで表現している。


映画製作はロケをすればロケ地の確保や天候に
スタジオならば美術セットに小道具に、と
とにかくお金がかかる。
ハリウッド映画のように全世界での上映を踏まえて
投資家たちが投資をするようなシステムならば
巨額の資金も集められるし
その分、制作費にもお金をかけられるが
日本映画のように
限られた国での上映システムではそうもいかない。

特に本作に出てくるような
美しい横浜の朝焼けやこだわりの風景
カルチェラタンのような年代を感じさせる建物
昭和30年代の様々な乗り物や町並みや衣装など
監督のこだわりで描きたい世界を作っていったら
それだけで制作費は膨大に膨らんでしまう。

『ALLWAYS三丁目の夕日』のように
CGを駆使してロケ地代や美術セット代を
切り詰めていくのも一つの方法だが
ジブリはそれをアニメという手法で
独自の世界観を作り上げている。
(もちろんアニメもお金はかかると思いますが・・・)


私は昭和30年代前半の東京生まれだが
当時の記憶に残るオート三輪や木造長屋の町並み
その頃の横浜は知らないが
戦後の建物の面影が色こく残る銀座や新橋あたりの風景など
休みの日に、父と母に連れられて
よそ行きを着て、銀座へお出かけした記憶がよみがえり
懐かしさに思わず目頭が熱くなった。

ストーリーも前作よりは、よくできている。
戦中・戦後の動乱期に、亡くなった親友や親戚の子供を引き取り
当然のように自分の子供として育てていた人たち。
(私の母の弟も戦争で亡くなった親戚の子供だった)

船乗りだった父に会いたいという思いからか
今も毎日“海”が掲げ続ける信号旗。
それが運命の糸となり、引かれ合うことになる“海”と“俊”
しかし思わぬ展開で、二人の間に立ち塞がるもう一つの運命

思春期の初恋を
ジブリならではのさわやかさで描ききった本作は
我々中年世代の心にも今の若者たちの心にも
甘酸っぱい感動を与え、やさしい気持ちにさせてくれる。

世の中が戦後の復興とともに高度経済成長へと
まっしぐらに突き進んでいたあの頃
若者たちは有り余るエネルギーを
自分たちが理想とする世の中を作ろう
真剣に注いでいった・・・

そんな時代の空気や人々の情熱を感じさせる
ジブリの手書きアニメの繊細な描写が
実写とはまた違う新しい世界に見る物を誘ってくれる。


主題歌「さよならの夏~コクリコ坂から~」が
“海”と“俊”のこれからを期待させる
二人の笑顔のシーンからゆっくりと流れ出し
手嶌葵のハスキーな歌声が
ジブリのやさしいタッチの横浜の風景と相まって
心に深く沁みいってくる。

私は、同じ横浜ということもあってか
ユーミンの“海を見ていた午後”を思い出しました。


ともあれ“アリエッティ”より数段よくできている本作
ジブリの模索する新しいジブリアニメの世界に
深く共感するとともに、次はどんな世界を観せてくれるのか?
今後も大いに期待したい!




ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ






関連記事
スポンサーサイト
category
最新アニメレビュー
genre
映画
theme
映画情報
Relation Entry

Comment

Trackback

http://guiter47.blog89.fc2.com/tb.php/111-8666b099