スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

LAギャングストーリー 映画レビュー

史実に基づくギャング映画+エンターテイメントで通好みのおもしろさ!


泣ける度★★★★☆ オススメ度◎◎◎◎◎
LAギャングストーリー
監督 ルーベン・フライシャー
脚本 ウィル・ビール
製作総指揮 ルーベン・フライシャー、ポール・リーバーマン、ブルース・バーマン
原作 ポール・リーバーマン
音楽 スティーヴ・ジャブロンスキー


【映画解説】公式サイトはこちら☜
ポール・リーバーマンによる実録ルポを基に、1949年のLAを牛耳った実在のギャング
ミッキー・コーエンとロス市警との壮絶な抗争を描いたクライム・アクション、ムービー


【映画レビュー】
「アイアンマン3」を観に行く予定だったが、
上映時間の都合で急遽「LAギャングストーリー」を
観てしまったが、これが大正解!

タイトルからすると、LAのギャングたちとロス市警が
バンバン銃を撃ちまくるだけの映画のように思われるが
危険な任務を請け負った警察官たちの家族や
そのまわりの人たちなどの心の描き方など
ジーンとさせる場面もあったりして
なかなか極上のエンターテイメントに仕上げられている。

特に特命チームのリーダーを勤めるジョン・オマラ巡査部長の
自宅が襲撃されて、必至に家族の無事を確かめにいくシーンなど
思わず目頭が熱くなるシーンもあって
『ゾンビランド』のルーベン・フライシャー監督
これからも期待できそうな、なかなかの新鋭監督です。

映画が描いているのは1949年という終戦から4年後のLA
戦場でお国のために戦って帰ってきた米軍上がりの男たちが
ギャングに牛耳られてしまったLAという別の戦場で
警察官対ギャングという新たな戦いを強いられることになる。

以前に観た“ウォーレン・ベイティ”主演の『バグジー』という
ラスベガスを造った男の片腕として活躍していたのが
この映画の主人公“ミッキー・コーエン”
バグジー亡き後、LAの半分を支配していた実在の人物で
そのコーエンを撲滅するために結成された特命チームを
描いているのが、この『LAギャングストーリー』なのだ。

1949年という、アメリカがいちばん元気だった頃の演出は見事で
当時の風景、走っているクルマ、ハリウッドブールバード辺りの店構えや
ナイトクラブで歌う歌手や楽団、そのまわりの人たちの
衣装ひとつとってみても、なかなか監督のセンスが光っている。

特にエンドロール前に使用されている昔のLAのイラストなども
ロスの様々な名所が当時のタッチで描かれていて
こんなところにも監督のセンスが光っている。

夫婦50割引が適用されるので、妻を誘ったが
「私は血なまぐさい映画は好きじゃない」と一蹴されてしまったので
仕方なく1人で観に行ったが
確かに血なまぐさいシーンは多く、なのでR15+なのだが
ミッキーの情婦のグレイス役の“エマ・ストーン”が
怖さを覚えつつジェリー巡査役の“ライアン・ゴズリング”に
惹かれていく心の葛藤など、ただのギャング映画にはない
ルーベン監督の見事な演出も一見の価値はあると思うので
ギャング映画があまり好きでない人にもお勧めしたい。




ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ


関連記事
スポンサーサイト
category
最新映画レビュー
genre
映画
theme
映画情報
Relation Entry

Comment

Trackback

http://guiter47.blog89.fc2.com/tb.php/119-16bf85b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。