映画 『カールじいさんの空飛ぶ家』 レビュー

いい涙を流したい人にオススメ!

泣ける度★★★★☆ オススメ度◎◎◎◎
カールじいさんの空飛ぶ家
監督 ピート・ドクター/脚本 ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター
音楽 マイケル・ジアッキノ



いろいろな映画を観たいのでアニメ作品は 
ついつい後まわしにしてしまいがちな私ですが
みなさんの評価を読んで
やっぱり観ておいたほうが良さそうだなン♪と思い
仕事の合間に観てきました

いやーっ観なかったらきっと後悔してました

アニメと呼ぶにはあまりにもリアルな立体的映像に
思わず拍手!
こりゃ3Dで観たほうが良かったかも…?と
途中でちょっと後悔したりして

でも『トイストーリー』の時より
格段にピクサーのアニメは進化してると思います。

基本的に私の持論では
アニメはなるべく台詞がなくても解かるもの
が良いアニメなのでは?
と思ってきましたが
この『カールじいさんの空飛ぶ家』も
最初の15分くらいは殆ど台詞がなく
絵の描写で愛する妻との出会いから別れまでを
描いています。

そしてその部分だけで早くも涙腺が緩んでしまい
気づくとボロボロ泣いてました…(笑)

その後の冒険が始まってからは
特に涙を誘うようなシーンはないのですが

最後にラッセル少年がバッジを貰うシーンで
お父さんの代わりに
カールじいさんが現れて
一番大切にしていた思い出の缶バッジを
ラッセルくんの胸に付けてあげるシーンで
ジーンときて
また涙腺が緩んでしまいました…(笑)

気持ちの良い涙を流せる映画は
最近なかなかなかったので
かなり満足した作品です

もうこれからは
アニメも食わず嫌いせずに
ちゃんと観ようっと…!(反省)

よかったらポチしてね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ



関連記事
スポンサーサイト
category
最新映画レビュー
genre
映画
theme
映画
Relation Entry