華麗なるギャツビー 映画レビュー

リメイク版はオリジナル版を超えているか?


泣ける度★★☆☆☆ オススメ度◎◎◎◎◎
華麗なるギャッツビー
監督/脚本 バズ・ラーマン
脚本 クレイグ・ピアース
原作F・スコット・フィッツジェラルド
製作総指揮 バリー・M・オズボーン、ブルース・バーマン
音楽 クレイグ・アームストロング

【映画解説】華麗なるギャッツビー☜公式サイトはこちら
F・スコット・フィッツジェラルドの名作、あの「グレート・ギャツビー」を
『ロミオとジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が
レオナルド・ディカプリオを主演にリメイク
大富豪J.Gの絢爛豪華な世界を得意のビジュアル感覚で見事に再現している。

【映画レビュー】
コッポラ脚本の「華麗なるギャッツビー」を知らない世代には
結構おもしろい映画として観られたのでは?
でも、あの「華麗なるギャッツビー」を知っている私たちより上の世代には
なんか、役者が子供っぽすぎるように感じてしまうのは何故???

かくいう私もロバート・レッドフォードが演じたオリジナル版を
殆ど覚えていなかったので、DVDを借りて観直しました(笑)
その第一印象が昔のギャッツビーは大人っぽかったなぁ・・・でした

日本人もそうだけど、昔の人は今の人と同じ年齢で比べると
とても大人っぽく見えるのは、やはり精神的に大人だったから
ではないでしょうか?

私はけして“レオナルド・ディカプリオ”も嫌いじゃないし
“キャリー・マリガン”も「17歳の肖像」を観た途端
彼女のファンになったほどだが、
やはりこの役は“ディカプリオ”より
“R.レッドフォード”が似合っていたし
“C.マリガン”より“ミア・ファロー”の方が
弱いのに狡い女の役はハマっていた気がするのです。

でもバズ・ラーマン監督の美的センスとスケール感は
この世界的不況の時代に、全盛期のハリウッド映画か?と見紛うくらい
ギャッツビーの絢爛豪華な生活ぶりを描いていたし
「ロミオ&ジュリエット」や「ムーラン・ルージュ」のような
華麗なる美術セットデザインの奇抜さと色彩感覚はこの映画でも健在です。

2013年という今現在で描くギャッツビーの世界より
以前のギャッツビーの方が描いている時代が近かったということも
観ていて気持ちに入ってくる感覚に無理がないと
感じてしまうひとつの理由かも知れません。
というのも1974年当時はアメリカ文化のリアル情報は
今ほど日本には入ってこなくて
それを日本人が知るようになる雑誌のポパイやブルータスも
まだ発刊されていなかったから
アメリカで大儲けした富豪たちのド派手な生活ぶりに
あまり違和感は感じなかったのですが
情報化社会の現在ではアメリカのリアル情報が
ネットを通じて毎日のように日本に入ってくるので
この映画の描いている世界がとても昔の遠い世界に見えてしまうから
ではないでしょうか?

でも当時でもR.レッドフォードの友達だったラルフ・ローレンが
映画の台詞にも出てくるピンクのスーツを
衣装提供したことは話題になりましたよね
今作ではギャッツビーの衣装はブルックスブラザースらしいですが

あと、以前のジャック・クレイトン監督の演出なのか
コッポラの脚本がそうなっていたのか
事故を起こした時、運転していたのがギャッツビーだったのか
デイジーだったのかが何となくボカされていて
“トム・ブキャナン”の屋敷に突然現れた“ジョージ・ウイルソン”に
ブキャナンが入れ知恵して、その後ギャッツビーの屋敷に現れるという設定になっていて
ブキャナンの自分とデイジーの生活を守ろうとする姑息さが
殺されたギャッツビーの哀れさと無念さを増長させ
観客の涙を誘う設定になっているのですが
今作ではそのシーンはカットされていて
事故現場でマートルの死体を見たブキャナンのシーンでまとめられているのも
情報化社会故の省き方なのでしょうか?

いずれにしろ以前のギャッツビーを知らない若い世代の方達も
この映画を観た後でも観る前でもいいので
1974年に制作された『華麗なるギャッツビー』を
レンタルして比べてみるのもおもしろいと思いますが・・・

ps.
後から分かったのですが“L.ディカプリオ”って1974年生まれなんですね!
そういう意味でも何かと因縁めいた作品ですね!




ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
   
関連記事
スポンサーサイト
category
最新映画レビュー
genre
映画
theme
映画情報
Relation Entry

Comment

Trackback

http://guiter47.blog89.fc2.com/tb.php/124-d7d4a91d