インターステラ−

これは、ただ宇宙を題材にした父娘愛の映画ではない!


泣ける度★★★★★オススメ度◎◎◎◎◎
インターステラ−
監督/脚本 クリストファー・ノーラン
脚本 ジョナサン・ノーラン
製作 ジョーダン・ゴールドバーグ、ジェイク・マイヤーズ、
キップ・ソーン、トーマス・タル
音楽 ハンス・ジマー

【映画解説】インターステラー☜公式サイトはこちら
劇的な環境の変化によって人類滅亡が迫る地球、それを回避するミッションに挑む男が
地球に残した家族への愛と地球を救おうとする使命の狭間で葛藤する姿を描く
クリストファー・ノーラン監督の壮大なSFヒューマンドラマ



映画レビュー
トレーラーだけ見ると宇宙を題材にした父娘愛の
お涙頂戴的な映画に見えてしまうのがとても残念だが
だからこそ実際に見た人たちが、この映画の壮大さ
映像美、宇宙観やその理論的な説得力、映画全体の完成度の高さに
度肝を抜かれ話題になっているのかもしれない?

昔から人類を救うために宇宙に旅立っていく
勇敢な宇宙飛行士の話は何度か観た記憶があるが
そのどれもがお涙頂戴的なヒーロー物に終わっていて
う〜む・・・となる作品ばかりだったが
本作は監督の訴えているポイントがまったく違う!

前半の地球が滅亡の危機にあることを訴えるくだりが
少し長いようにも感じるが
それがかえって後半の地球環境と全く違う異星で
ミッションを全うしようとする宇宙飛行士が体験する
脅威や恐怖に厚みを出していると思う。

特に宇宙空間や異星の自然現象の描写
宇宙船内部の細かい機器やロボットなどの精密な表現は
クリストファー・ノーラン監督ならではのリアリティで
観ている者も同じ宇宙にいるような感覚に引き込んでいく。

相対性理論に基づいた時間の表現もしっかり生きていて
異星での時間の進み方が違うことで起こる
歳の取り方の差などの演出が
より一層リアリティを感じさせる。

この映画のもう一つのテーマとも思えるのは
人間が感じる孤独感ではないかと思う。

地球に置いていかれた娘が感じる孤独感
幼い娘を地球に残して宇宙で耐える父の孤独感
先発隊として異星で救助の手を待つ別の飛行士の孤独感
異星に向かう調査隊を母船で何十年も待つ仲間の孤独感

人間は一人では生きては行けない
地球に暮らしていてもいろんな事情で
孤独を感じることもあるが
たったひとりぼっちで未知の異星に取り残される孤独感ほど
恐ろしい体験はないのではないか?

でもラスト近くに娘から言われる一言で
クーパー(マシュー・マコノヒー)が起こす行動が
観ている私たちの心に新たな希望の火を灯してくれる。

2001年宇宙の旅に並ぶ、永遠に語り継がれそうな
他に類を見ないスペースファンタジー+
ハートフル・ヒューマンストーリーMovieだと断言する!




ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ



関連記事
スポンサーサイト
category
最新映画レビュー
tag
新作情報
映画情報
映画レビュー
劇場公開
おすすめ映画
新作映画
泣ける映画
インターステラー
クリストファー・ノーラン
SF映画
genre
映画
theme
映画情報
Relation Entry

Comment

Trackback

http://guiter47.blog89.fc2.com/tb.php/129-08f19a5b