映画 『今度は愛妻家』 レビュー

きっとあなたも夫婦の接し方を見直すはず!

泣ける度★★★★★ オススメ度◎◎◎◎◎
今度は愛妻家
監督: 行定勲/原作 中谷まゆみ/脚本 伊藤ちひろ


【レビュー】

泣きます!!
特に危機を乗り越えてきた夫婦なら
きっと泣きます!!!

でもその涙はとっても暖かい涙です


私は映画を観てよく泣きます
どちらかと言えば
泣くために映画を観に行っているようなもの

でも殆どの映画は
あるシーンや台詞で
どっと涙が出てくることが多いのですが
この映画は長い時間をかけて
ジワ~っと心に沁みてくる
そして気がつくと涙があふれている

こんな泣かせ方の映画は初めてです?
そしてその涙は悲しい涙ではなく
いや、悲しいけれど暖かい涙なんです

そして映画を見ながら
自分ならどうだろう?どうだっただろう?
と、いろんなことを考えさせられる映画なんです

若いカップルはわかりませんが
長年連れ添ってきた夫婦なら
痛感させられるシーンや台詞が
あまりにも多くて
映画を観ながら
そうなんだよ、そうなんだよ、と
何度も"俊介"に、そして自分に問いただしていました

それと薬師丸さんがいい!
『オールウェイズ三丁目の夕日』のときの
お母さん役もよかったけど
この"さくら"はリアリティがあってとってもいい!

あと、ビックリしたのは石橋蓮司さんのオカマ!
前から悪役をやらせたらこの人の右に出る人はいない
と思っていたほどファンでしたが
初めての?オカマ役にもうビックリ!!!
うまい役者さんは何を演じてもうまいんだなぁ…!
と改めて感心させられました

水川あさみも"のだめ"のイメージとは違う
ハスッパな女役をリアルに演じてましたねぇ…

あと音楽!
劇中の"夢の中へ"も良かったですが
エンディングの井上陽水の透き通った歌声が
静かに余韻を引き立たせていました

今のところ2010年のMY BEST1!

映画を観終わった後
改めて、もっと妻を大切にしようと
心に誓いました…



よかったらポチしてね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

  



関連記事
スポンサーサイト
category
最新邦画レビュー
genre
映画
theme
映画
Relation Entry