映画 『噂のモーガン夫妻 』 レビュー 

夫婦の機微を経験した大人向け?ラブコメ

泣ける度☆☆☆ オススメ度◎◎◎
噂のモーガン夫妻

監督・脚本 マーク・ローレンス/音楽 セオドア・シャピロ


【概要】
ラブコメの帝王?ヒュー・グラントと
『SEX&The City』のサラ・ジェシカ・パーカーが主演の
ちょっぴり切ない大人のラブコメ


【レビュー】
ラブコメというとなんでいつもヒュー・グラントなの?
と思わずにはいられないほど
その手の映画には彼が出てくることが多い

日本人の私にはわからないけど
外国人が見ると
典型的なアングロサクソン系ヤッピーの顔なのか?
あの手の顔が欧米の女性たちには受けるらしい?

今回は美人で優秀な
不動産会社を経営する妻がありながら
魔がさして浮気してしまう敏腕弁護士という設定

彼が演じる役は決まって
ある程度の地位を持つ役がらが多い
(これもそういうイメージなの?)

そしていつもどこかドジな部分を持つキャラ

ただいつも思うんだけど
ラブコメはその映画の描きやすさ故か
大都会でのスライスオブライフの設定がほとんどで
過去の作品が重なってしまい
特にヒュー・グラントの出演作品が多いため
いろんな映画が一緒になっちゃう?
のは私だけでしょうか・・・


でも今回は大都会から大田舎?へ
殺人犯から保護するために警察に身柄を確保される

日本の都会と田舎も
かなりギャップはあると思うが
アメリカはその比ではない

この映画のようにNYの大都会と
ワイオミングの大平原?では
まるで別の国のように環境も文化も大違い!

そんな設定もこの映画をおもしろくしている
要素の一つ


でもハリウッドの描くテキサスなどの田舎はどこか差別的で
私の好きな映画『ブルース・ブラザース』でも
テキサスのパブでブルースブラザースバンドがステージに上がると
何故か演奏前にステージ前方に金網のフェンスが下りてくる
始めはブルースを演奏するが客は大ブーイングでカントリーを要求する
カントリーのレパートリーが無いため
仕方なく知っている"ローハイド"のテーマを演奏すると、これが大受けで
ブルースは歌わせてもらえず
何度も何度も"ローハイド"のテーマを歌わされる羽目になる
やがて酔いがまわて興奮してきたテキサスの荒くれ男たちが
飲んだビール瓶などをステージに向かって投げ始める
そこでやっと金網のフェンスの意味をメンバーが理解するのだが・・・

この映画のカウボーイたちの描き方といい
ハリウッドの人たちから見るとテキサスはド田舎で
それって人種差別じゃない?と思えるような
そんなアメリカンジョークをコミカルに演出するのが
ハリウッド映画では受けるのでしょうか???

まあそれもアメリカで暮らすアメリカ人じゃないと
わからないかもしれないけど…
まあ、軽いコメディタッチのラブファンタジー映画が
お好きな方にはオススメですね!


それにしても
改めてアメリカは広いなぁ・・・と感じました


 参考になったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ




関連記事
スポンサーサイト
category
最新映画レビュー
tag
泣ける映画
新作情報
映画情報
映画レビュー
劇場公開
おすすめ映画
新作映画
シネマ情報
映画館
genre
映画
theme
映画
Relation Entry