スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

映画 『ゼロの焦点』 レビュー

中谷美紀に脱帽!

泣ける度★★★★☆ オススメ度◎◎◎◎
ゼロ
監督 犬童一心/原作 松本清張/脚本 犬童一心 、中園健司
製作総指揮 島本雄二 、島谷能成/音楽 上野耕路


観てきました。『ゼロの焦点』
いや~中谷美紀の迫真の演技に魅せられました!
『嫌われ松子の一生』の中谷さんもすごかったけれど、今回はそれ以上に鬼気迫るものがありましたネ~
『嫌われ・・・』で汚れ役から老婆までも演じて演技の幅の広がりを見せつけた中谷さんでしたが
今回もパンパンの役から社長夫人、殺人者とガラッと違う立場の女を見事に演じ分けていて感心させられました。
今、日本の女優でこれだけ幅広く演じきれる女優はあまりいないんじゃないかなぁと改めて思ったりして・・・

犬童一心監督のキャスティングも良かったですねぇ、
広末涼子も新婚の新妻を例の広末トーンでみごとにこなしてましたし
木村多江も珍しく気弱なパンパンの役を独特のトーンで演じて盛りたてていましたね。

ただひとつ気になったのはオープニングで昭和32年の東京の街がモノトーンで映し出されていたときは
なかなか期待できそうなはじまり方だったのに、その画面に色がつきカラーになったとたん
昭和の時代が醸し出す空気感のようなものが、フィルムからあまり感じられなかったことですかねぇ・・・

自分が昭和30年代生まれだからかもしれないけど
幼いころの記憶の中にある昭和の独特の匂いがフィルムに焼きついていなかったというか
きれいすぎたような感じがしたのは私だけでしょうか???

少し前に『剣岳 点の記』を観た時、あれは明治の話だったけれど明治を知らない私でも
明治の時代の匂いをフィルムから感じ取ることができたのは
監督がもともと撮影監督の木村大作さんだったからでしょうか?

曇天の日本海が似合う松本清張のお話は良くできていたけれど
TVドラマで見慣れているせいか映画ならではのスケール感と時代の匂いのようなものを
もっとフィルムに焼きつけて欲しかったですね・・・
ひょっとしてこれHD撮影だったりして・・・?

でもなんで杉本哲太が出てくるだけで昭和臭くなるんでしょう???


参考になったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

zero縮小


関連記事
スポンサーサイト
category
最新邦画レビュー
genre
映画
theme
映画
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。