スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ 映画レビュー

ねらい過ぎ?SPネタ盛り込み過ぎ?


泣ける度★★☆☆☆ オススメ度◎◎
ていだかんかん
監督 李闘士男/脚本 鈴木聡、林民夫/原作 金城浩二/音楽 coba


【映画解説】
世界で初めてサンゴの移植・産卵を成功させ
2007年環境大臣賞・内閣総理大臣賞をダブル受賞した
金城浩二氏の実話を映画化した感動作


【映画レビュー】
この映画のプロモーションだったのだろう
TVで実物の金城さんのインタビューを見た。
根っからの沖縄人らしく
喋り方がとてもゆっくりで
芯は強いがとてもやさしい人なのだろう?
という印象だった

それを意識したせいなのかその金城さん役の岡村隆史が
普段は早口なのに妙にゆっくりとした口調で話す演技に
とても違和感と不自然さを感じた

他の俳優陣がとてもすばらしかっただけに
よけいに岡村隆史の演技が浮いていた

内容自体は沖縄の美しい海を取り戻そうと
世界で初めて養殖サンゴの移植・産卵を成功させた男の
実話の映画化という、すばらしい話だけに
もっともっと感動する映画にできたはず

だいたい何で金城さん役が岡村隆史でなければならなかったのか?
ど突きのシーンで笑を取るためなのか?
それも完璧にギャグになっていないので
とても違和感を感じた

彼としては精いっぱい頑張っていたし
まあ悪くはなかったのだが
やはり役者としては、まだまだ未熟で
素の自分を抑えて役を演じるのは
もっともっと役者の勉強をしなければ無理だと思う


松雪泰子はこの1~2年で出演した映画の中で
全く違うキャラクターを見事に演じ分けている技量の持ち主
原田美恵子の母役も彼女の新境地が見られてお見事というしかない名演!
國村 隼の漁協組合長は本物か?と思うほどの大迫力!
なのに岡村だけがウソ臭い


映画をヒットさせるためには
何か話題となるネタが必要なのはわかるが
そのために一番大切な主役に
本物の役者を使わずお笑いタレントを持ってくるのはいかがなものか?
若者の観客動員をねらってお笑いブームに乗じたのか?
お金持ちのよしもとから製作費をひっぱりたかったから
仕方なく起用したのか?
いずれにしろもっともっと良くなりそうな映画だっただけに
残念で仕方がない

でも、じゃあ金城さん役は誰?と言われると
すぐには思いつかないのですが…
特にここに持ってくる役者次第で
もっともっと地味~な映画になってしまうような映画なので…
いやーキャスティングは難しいですな~



監督の趣味なのか受け狙いなのか
ラストの山下達郎のエンディングテーマも
ちょっと、ねらい過ぎ?のような気がしました。

それと“長澤まさみ”は何だったんですかねぇ?
これも観客動員のためのSPネタですか…?


ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ




関連記事
スポンサーサイト
category
最新邦画レビュー
genre
映画
theme
映画情報
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。