スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

エアベンダー 映画レビュー

アニメを実写にする時は何を大切にするのか?


泣ける度☆☆☆ オススメ度◎◎
エアベンダー
監督・脚本 M・ナイト・シャマラン/ 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
製作総指揮 キャスリーン・ケネディ、スコット・アヴァーサノ
マイケル・ダンテ・ディマーティノ 、ブライアン・コニーツコ


【映画解説】
気、水、土、火という4つの王国が存在する世界を舞台にした
戦乱の世に調和をもたらす“エアベンダー”の少年アンの戦いの物語
“伝説の少年アン”という原作アニメを『シックス・センス』のM・ナイト・シャマランが映画化


【映画レビュー】
エアベンダーを次男にせがまれて観てきた
次男は特撮の迫力に、けっこう満足していたようだが
私はウ~ム・・・(汗)であった

次男の話によると“ニコロディオン”というアニメ専門チャンネルで
やっていた人気のあるアニメだったらしいが
主人公の“アン”は映画ほど暗くはなく
もっと明るいキャラなんだそうな

確かに特撮で、“気”“水”“火”“土”をベンダーが操る様は迫力満点で
アニメの世界を彷彿とさせるものだろう
だが、いかんせんお話が中途半端なのである

同じようにコミックを題材にした“20世紀少年”も
3部作のカタチを取り大量の観客動員数を獲得したが
20世紀少年は1話、1話がそれなりにおもしろく
完結はしないが、その篇でキチンと楽しめ
次を観たくなるワクワク感があった(最後は失速しましたが・・・)
だが、エアベンダーは肝心の第一作目が予告編のようなのだ
トレーラー映像がよくできていたせいか
期待して観ると、本編がトレーラー映像と大差ないのだ

普通は本編を観ると
ああ、あのシーンの前後はこういう話だったのね、とか
主人公とあのキャラクターにはこういう関係があって
あんなことになったのか?許せないなぁ・・・とか
そんな理由だったのか・・・うううっっ(落涙)とか
あるんですけど、この映画はまったくない!

Yahoo映画のレビューもかなり辛辣な批判が飛び交ってますが
まあ、3部作の作り方が監督によって違うということで
次を期待するしかないのだけれど
コミックやアニメが原作のモノを映画にする時は
何を大切にすればいいのか?というと
私は、まずキャラのイメージを裏切らないこと
世界観もなるべく守るか、それ以上のモノにすること
あとは原作が長編漫画の場合は2時間くらいで判るような
映画用のストーリーに書き換えること
ではないかと思う

結局、原作のアニメを知っている人も
知らない人も、2時間ちょっとで満足させなければならない
だから、映画監督という仕事は大変なのだ!

私は原作のアニメを観たことはないが
お話自体は壮大な物語の匂いがプンプンしているので
機会があったら観てみたいと思う

それにしても“アン”のキャラの子は目が大きくて
顔のほとんどが目だったような印象だが
火の国の王子“ズーコ”もどっかで見たキャラだと思ったら
『スラムドッグ・ミリオネア』の子だったのね
あのキャラも強いですなぁ・・・





ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

関連記事
スポンサーサイト
category
最新映画レビュー
genre
映画
theme
映画情報
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。