ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 映画レビュー

ユーモアがまったくないハリーは初めてだ・・・



泣ける度★☆☆☆☆ オススメ度◎◎◎◎
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
監督 デヴィッド・イェーツ/脚本 スティーヴ・クローヴス/原作 J・K・ローリング
製作総指揮 ライオネル・ウィグラム/音楽 アレクサンドル・デスプラ


【映画解説】
J・K・ローリングの世界的ベストセラー、魔法使いファンタジー小説“最終章”の映画化
第7章となる本作は、前・後編の2部作となる。
宿敵ヴォルデモート卿の復活により世界が闇に包まれていくのを
17歳になったハリーが仲間たちと、それを阻止するべく勇敢に立ち向かう。


【映画レビュー】
もはや我家の年中行事のひとつになたと言っても過言ではない
『ハリー・ポッター』シリーズ
1作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』から
家族4人でずっと欠かさず観てきた。

1作目の公開年から9年も経っているとは思えないほど
根強いファンが多いのも周知の通り
今年18歳になる長男が小学校1年の時から
次男はなんと3歳の時からずっと見続けてきただけに
いよいよシリーズ完結作となる『ハリー・ポッターと死の秘宝』
家族全員で楽しみにしていたのだが
完結編はPART1とPART2の2部作で
今回はその前篇にあたるPART1だけという
1回目では結果をおあずけにして次を観させるという
どこかのTV局が作る、お得意の商業主義的魂胆が見え隠れして
ちょっと引きそうになったが
我家の年中行事なので、気を取り直して劇場に駆け付けた。

ハリー・ポッターと死の秘宝2

前作にも感じたが
まわりの魔法使いの先生達はあまり変わった印象が無いのだが
主人公の3人は一番の成長期ということもあって
ずいぶんと大人になってしまった感が残念だが
(最初は3人ともかわいかったからなぁ~!)
自分の息子ももはや私の身長を越えるほど
成長しているのだから仕方がない。

今回のハリーは監督も自ら語っているように
PART1はひたすら魔法のダークな部分を描いていて
PART2はファンタジーに仕上げていると言うだけあって
いつものブリティッシュ・ジョークが殆どなく
ハリーの仲間の魔法使い達も次々と殺されていく。

しかも今回は宿敵ボルデモード側の魔法使い達がめっぽう強い!
ハリーたちはひたすら身を隠し逃げ惑うばかり?
その途中でハリーとロンは仲間割れしてしまい離れ離れに・・・
しかも大切な3つの秘宝のうちの一つである最強の杖を
ボルデモードが先に手に入れてしまう。
さてハリーたちは果してボルデモード勝てるのだろうか???
というところで結果は次回におあずけ・・・

観終わって思ったのだが、1作目からずーと観てきた
私たち家族でさえも、話のつながりがよく解らない
事前に原作本を読んでいる長男だけは
話の結末も含めて理解していたようだが
原作を読んでいなく、本作を始めて観た人には
さっぱり解らないのではないか?
せめて『エクリプス/トワイライトサーガ』のように
前回までのあらすじをダイジェスト版で
説明してくれてもよかったのでは?
特にハリーが剣を見つけ氷の湖に入って出られなくなるときに
ロンが現れるシーンは
原作本ではもっと感動的なシーンらしい・・・

それと当初3D上映だったのに急遽2D上映になってしまったことも
ハリポタファンには納得いかないようだが
我家は3Dでの字幕の読みづらさは『アバター』で懲りたので
初めから2Dで観るつもりだったから別にいいのだが・・・
3D上映は料金が高いのが原因だとか?

まあ、それでもハーマイオニーをめぐる
ハリーに対するロンの嫉妬など
思春期から大人になりかけていく主人公たちの成長ぶりが
我家の息子たちと重なって
PART2も必ず家族4人で観なければ
と帰りの電車で硬く心に誓ったのでした・・・(笑)





ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

関連記事
スポンサーサイト
category
最新映画レビュー
genre
映画
theme
映画情報
Relation Entry