スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

僕が結婚を決めたワケ 映画レビュー

イケメンが一人も出てこないリアルなラブコメ?


泣ける度☆ オススメ度◎◎
僕が結婚を決めたワケ
監督 ロン・ハワード
脚本 アラン・ローブ
製作総指揮 トッド・ハロウェル 、ヴィクトリア・ヴォーン 、キム・ロス
音楽 ハンス・ジマー 、ローン・バルフェ


【映画解説】 公式サイトはこちら⇒
プロポーズを決意した40歳の男が、親友の妻の浮気を見てしまい
それを話すべきか否かやきもきする姿をベテランヒットメーカー
ロン・ハワード監督がユーモラスに描くアラフォーラブコメ


【映画レビュー】
普通、ラブコメ映画といえば
イケメンの俳優と美人女優が
何かのきっかけで恋に落ちたりして
その俳優や女優ファンが
「○○様が出ているから、取りあえずチェックしなくちゃ!」
的な動機で観に行き
「やっぱり、かっこいいわ~」
「私もあんな恋がしてみたい!」
とか思ってしまうのが、よくあるパターンだが
この映画はそんな期待を見事に裏切ってくれる(笑)


そもそも、この映画は本当にラブコメなのか?
という疑問がまたしても邦題のミスマッチから感じるのだが
原題は『THE DILEMMA』で、文字通りあの“ジレンマ”
内容を観ても監督の描きたかったことは、そっちのほうがシックリくる。

あらすじは、大学時代からの親友
ロニー(ヴィンス・ヴォーン)とニック(ケヴィン・ジェームズ)が
シカゴで車のエンジンデザインの会社を営んでいるのだが
ロニーが恋人のベス(ジェニファー・コネリー)に
なかなかプロポーズしないのを
ニックとジェニーヴァ(ウイノナ・ライダー)夫妻が
ずーっと、やきもきしている。
そんなとき、ロニーの営業力とプレゼンが功を奏し
二人の考える理想の電気自動車で
大手の自動車会社の契約が取れそうになり
エンジン設計に張りきると同時にプレッシャーを感じるニック。
この成功を機にドラマチックなプロポーズをしようと決意したロニーは
候補場所の植物園に交渉に行った矢先で
なんとジェニーヴァの浮気現場を目撃してしまう!
親友の妻の浮気現場を目撃してしまったロニーは
それをニックに言うべきかどうかひとり思い悩む
だがニックは新しいエンジンの設計に追われ
胃を痛めながら取り組んでいる毎日で
大事な仕事を成功させるためには
とてもそんな話はできそうもない。
ジェニーヴァも同じ大学時代からの友達だからと
ジェニーヴァに会って忠告をするロニーだが
「夫婦の問題に口を挟むな!」と一蹴されてしまう。
そればかりか、大学時代のたった一度のロニーとの関係を
ニックにばらすと逆に脅され唖然とするロニー。
ジェニーバの友達でもあるベスにも言えず
一人でどうするべきかやきもきするニック・・・

と、あらすじを読んでいただければわかるように
親友どうしのお互いの“ジレンマ”を描いた作品なのだ。

邦題の『僕が結婚を決めたワケ』は
結局、映画をみても解らないし
主人公の二人の男優は全然イケメンじゃない
40代のメタボ体型のおっさんで
監督のねらいなのか?今のアメリカの現実をリアルに描くと
こんなになっちゃうの?という映画なのである。

ただ、女優陣は監督の趣味なのか?
“ジェニファー・コネリー”“ウイノナ・ライダー”と
美女二人が演じているので
かろうじてラブコメとして鑑賞に堪える作品になってはいるが・・・


親友のニックのためにジェニーバに詰め寄り
すべてをニックにばらすと言うロニーの前で
そんなことをしたら「学生時代の関係をもとに
ロイに肉体関係を迫られていて、どうしていいか判らない」と
ニックに言うわ、と泣きながら演技するカフェのシーンは
女の怖さを見せつけられたようで正にリアル!


若い時は可愛かったウイノナ・ライダーは
年齢からくる頬のコケ具合のせいか
夫婦生活の不満から、浮気してしまう悪妻を演じるにはリアルだったけど
とても40歳とは思えないジェニファー・コネリーは
『フェノミナ』の時から変わらず、いつまでも美しくて
彼女が出ていなかったら絶対に観ていない映画でした(笑)




ためになったらポチっとね!
人気ブログランキングへ ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
関連記事
スポンサーサイト
category
最新映画レビュー
genre
映画
theme
映画情報
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。